注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

年収400万で注文住宅の購入を検討中のあなたへ

当サイトについて

当サイトへご訪問ありがとうございます。

人生最大の決断に悩んでいませんか?

無理だと感じていますか?

検討を始めた方は、何から始めたら良いかわからなくなっていませんか?

それでも志を高くこんな家に住んでみたいと思いますよね。

サンプル画像

当サイトは、自身が購入した経験から成功する方法やお得な情報をお伝えし、人生最大の決断を後押しする内容となります。

成功=ハッピーなマイホーム生活です!

これがゴールです。

もう一度言います、ゴールはハッピーなマイホーム生活です。

正直楽しいだけでなく、大変なことがこれから待っていますが、ゴールが決まっていればブレることはありません。

ゴールを目指して一歩一歩、物事をクリアして、ハッピーマイホームを作り上げていきましょう。

年収400万で注文住宅を購入するには

世間では「家を建てるには早いのでは?」、「生活やっていけるのか?」という意見があります。
問題ありません。早くもないですし、生活もできます!
実際に、建てて生活している私が言うのですから間違いありません。

そうは言っても悩みは多くあると思います。

 ・ローンが組めるか心配
 ・購入後に生活費を賄えるか心配

上記以外にも色々と悩みはあるかもしれませんが、悩むぐらいなら、まずは行動に移しましょう。

選択肢を複数持って、最適な道を選択すれば良いのです。

ただ、建てられますと断言しても悩みは深まるばかりですので 私が建てられると言える理由を説明します。
少しは気分が晴れるはずです。

住宅ローン審査の6つのポイント

頭金なしでの住宅ローンはリスクだらけ

年収400万の私が注文住宅を購入できた理由

幸いにも妻と共働きということと、使う時は使う!使わないときは使わない!というメリハリがある生活をしていたので、貯蓄額が同年代の平均よりはありました。
ただ、嬉しいことに家の検討と同時に妊娠が発覚しました。
そこからの始まりとなったので、私も皆さんと同様にローンの事や購入後の生活費を賄えるのか心配で、本当に本当に悩みました。

ただ、悩んでもしょうがない!本当にダメなのか一度真っ新な状態から確かめてみよう!

ここからはそれまでに把握していなかった生活費を見返し、今後に必要な生活費や予算の算出を行い、大方の金額を出すことに専念しました。

結果、条件に見合うハウスメーカーも見つかり、私一人だけで住宅ローンを借り入れすることができました。

簡単に説明するとこんな感じですが、本当に悩みましたし、契約するまで不安や葛藤がありました。
ただ、しっかり計画を立てたことで、新居に引越し後は不安もなく生活ができていますので間違っていなかったと証明できます。

家作りをした年収と年齢の平均から考えてみよう

国交省の住宅市場動向調査 平成28年度版【注文住宅(新築)】の結果では400万円~600万円台が一番多く購入しており、民間の平均年収が約420万という結果も出ていますので、年収としては400万を超えていれば、購入できると考えてよいでしょう。

注文住宅の年収別購入割合

次に年齢別の購入割合は30歳代が圧倒的に多く、40歳代、20歳代と続いています。

年齢別購入割合

この結果を見ると基準は年収400万以上で30歳代以上で、この基準を超えていれば購入を考えても良いということになります。

家作りの購入とタイミングはいつなのか!?

注文住宅を購入するには綿密な計画と決断力

住宅購入する最大のポイントは綿密な計画と決断力となります。
綿密に計画しても決断力が無ければ、先へ進むことは出来ません。
また、後先考えずに計画もせず決断だけしても、良い方向には進みません。

この計画性と決断力の両方が揃ったとき、良い家づくりができるのです。

悩んでいるかたは是非、綿密に計画して、計画した内容を基に決断してみてください!!

間取りの決め方4ステップ

年収450万円 Aさんの住宅ローンの借入額の決め方

注文住宅を購入するためのSTEP

私がおすすめする注文住宅を購入するための検討初期段階のSTEPとなりますので、是非、実践してみてください。

SUUMOで簡単に一括資料請求

STEP1 注文住宅とは何かを理解しよう

STEP2 建築に掛かる費用を理解して、予算を計算しよう

SUUMOで簡単に一括資料請求

新着記事はこちら

タマホーム ローコストを実現した理由とメリット・デメリット

タマホームは20代での家作りをキャッチコピーとして売り出しているローコスト住宅メーカーです。 ローコスト住宅ということは坪単価が安く、建築費が安いということになります。 安いだけで品質はどうなの?と疑 …

新築の工事請負契約前に確認しておくべき、4つのポイント

ハウスメーカーと契約するには工事請負契約を必ず結ぶことになります。 この契約後から本格的に間取りの詳細やインテリアなどの設計に移ります。 ただ、契約するということは後戻りできないということがイコールに …

ソファダイニングを取り入れて狭いLDKを広く演出しよう

狭小住宅やLDKが10畳以下の場合、リビングとダイニングを明確化してしまうと広さが感じられません。 そんなときは、リビングとダイニングを一緒にすることをオススメします。 そこで必要になるのがソファダイ …

住宅ローンは限度額より毎月の返済額で決めよう

住宅購入でだれもが悩むのが住宅ローンの借入額と月々の返済額です。 誰もが初めての住宅購入ですから、相場など勝手がわからず悩むのも当然です。 ただ、住宅ローン選びは失敗が許されないのも事実です。 住宅ロ …

つなぎ融資とは?家を建てるなら仕組みや相場を理解しておこう

家を建てる上(注文住宅)で知っておく必要があるのが、家の完成前にまとまったお金(自己資金)が必要になるということです。 ただ、潤沢な資金が無い限りは、大金を自己資金で賄うことはできません。 そこで、住 …

坪単価で見る年収450万円のハウスメーカー選び

家作りを検討する中で必ず壁になるポイントがあります。 ・年収や頭金から、住宅ローンはいくら組めるのか ・どこのハウスメーカーなら依頼できるか この壁を乗り越えない限り家作りは始まりません。 住宅購入は …

坪単価とは?比較する前に坪単価を理解しよう。

家作りを考える上で指標になるのが「坪単価」。 この言葉を聞いたり見たりしますよね。 家作りのおいて重要なことは家を建築するハウスメーカーや工務店などの業者を選びであることは間違いありません。 この業者 …

地盤改良費の相場は?予算は2段階で算出するべき理由。

家作りで実際に工事が始まるまでヒヤヒヤするものが地盤改良費です。 地盤改良費は地盤調査を行って実際に工事してみないと分からない費用ですが、家作りを始める上で予算化しておかないと予算オーバーになってしま …

建築費用を安く抑えることができる2つの住宅設備!

注文住宅で家を建てるのは、高い買い物はみなさん知ってのとおりですよね。 ただ、高いとはいえ安く収めたいと考えるのが普通ですし、一番頭を悩ませるところです。 私がオススメするのは見積明細書をじっくり眺め …

no image

吹き抜けの家にはメリットとデメリットが存在する!

新築の戸建てを建てるなら吹き抜けが欲しいと考えますよね。 詳細ページ 吹き抜けは家全体を広く見せることができるということから人気の設計となります。 私も実際に吹き抜けの家を見させてもらいましたが、噂通 …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。