注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

間取り関連

アルコーブベッド 壁に埋め込まれたベッドの魅力

投稿日:2017年6月18日 更新日:

アルコーブベッド(アルコーヴベッド)って知ってますか?
室内の壁に一部をくぼませてベッドを置く間取りになります。

アルコーブベッドサンプル

写真を見て、「あーこれ見たことある!」という人もいるかと思います。

検索しても名前が出てこないからわからない「あれ」です。

我が家は妻がどこかで見かけたらしく、取り入れたいと希望していましたが、名前が分からなかったので、ハウスメーカーに聞いて名前を知りました。

今回は、一般の住宅ではあまりお目にかかることが出来ないアルコーブについて解説していきます。

アルコーブベッドとは

アルコーブは壁面の一部をくぼませて作った空間になり、アルコーブベッドは作った空間にベッドを設置した間取りということになります。

ベッドだけでなく、書斎やソファを置く間取りもあります。

アルコーブは言葉は聞きなれないですが、マンションの玄関部分に使われていて、共用廊下から少し後退させた玄関前部分のことをいいます。

日本ではあまりお目にかかることがありません。
実はアルコーブはフランスで多く取り入れられた建築技法となります。

私が実際に見たのは某ネズミの国の近くにあるホテルぐらいですかね。

我が家のアルコーブはベッドではなく、カウンター机を設けて妻の作業台として利用されています。

 

アルコーブベッドのメリット

実体験をもとにメリットについて考えてみました。

アルコーブを作ることでおしゃれに演出

事例を見ると分かりますが、一角だけまるで日本ではないような空間を演出することができます。

アルコーブベッドサンプル1

出典:www.shelterness.com

壁紙と同じ柄や色のカーテンを付けることで遠くから見ると壁にしか見えませんが、カーテンを開けるとそこにベッドが現れますので隠し部屋のように遊び心がある間取りを作ることもできます。

ベッドだけではない!機能性が高い

ベッドなので、もちろんお客様が来た時にベッドとして活躍できます。

ただ、それだけではありません。

マットレスのみにすることでソファーとしても利用できますし、お客様の荷物を置くスペースとしても活用することができます。

また、ベッドの下を棚にすることで、収納スペースとしても利用できます。

アルコーブベッドサンプル2アルコーブベッドサンプル3

出典:www.shelterness.com

おしゃれだなけでなく使い勝手は非常に良いと感じます。

 

アルコーブベッドのデメリット

次にデメリットですが、どんなものがあるのか見てみましょう。

家の建築面積が必要

くぼみを作るわけですから、くぼみ分の面積を必要とします。

正直、広くない家に入れてしまうと部屋の面積がベッド1つ分取られてしまいますので、おすすめはしません。

部屋+ベッド一つ分」の部屋を作るイメージが最適です。

これが理由で我が家はベッドではなく、カウンターとなりました。

物置になる可能性が高い

おしゃれで機能性が高いですが、問題が一つあります。

ベッドとしての有効利用度が低いということです。

お昼寝などでは利用できますが、使用頻度は落ちますので、基本的な使い方がソファーや荷物置きになってしまう可能性があります。

もちろん、整理整頓された家になっていれば問題は起きませんが、子育て世代など、荷物が多くなってしまう方は注意が必要です。

失敗しない間取りの決め方

 

まとめ

アルコーブベッドいかがでしたか?

見たことがあるけど、名前が分からないあの部分は「アルコーブ」です。

いくつかサンプルを載せましたが、異空間を作れておしゃれですよね。

日本では建築事例が少ないですが、ハウスメーカーに依頼することで作ってくれます。

ただ、気を付けてほしいのは、要望はしっかりと伝えることです。

サンプルを見てわかるとおり、形や色使いは一つではありません。

自分の家に合ったコンセプトをしっかり持って、どうしたいかをお伝えください。

正直、ハウスメーカーのデザイン力によっては、希望とかけ離れたものになってしまいます。

希望する方は口頭だけでなく必ずサンプルを提示しましょう。

一括間取り作成依頼ならタウンライフで!

スポンサーリンク

-間取り関連
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

トイレの広さは0.75坪必要?新築のトイレの広さを検討しよう

家作りを考えるとき、トイレは後回しになり、スペースが確保できずに犠牲になることがあります。 間取り図で見ると結構広いな~と思いますが、実際の広さを見るとギャップがあるため、使いにくい!失敗した!といっ …

玄関の広さはどのくらい?1坪の玄関を広く見せる2つのポイント

玄関の広さって気になりませんか? 玄関は家の顔になりますよね。 お客様が来たときや家に帰ってきたときに真っ先に目に入るのが玄関です。 そうなると、少しでも広く見せたいと思います。 では、どのくらいが広 …

床下収納のメリットと注意点を理解して収納上手になろう

床下収納を取り入れて収納できるスペースを少しでも多くしたいと考える方も多いと思います。 アパートやマンションに住んでいる方は分かると思いますが収納場所に困りますよね。 買った食料品や生活品がキッチンや …

対面キッチンならカウンター付きが1番 アイランドと比較してみた

キッチンといっても型が色々とあって悩みますよね。 我が家もキッチンの型はだいぶ悩みました。 壁に向いて調理するタイプが良いのか、対面で調理するのが良いのかとリビングとダイニングでの生活をどうしていきた …

失敗しない間取りの決め方4ステップ

希望の間取りは決まっていますか? 家作りは間取りを決めなければ始まりませんよ。 ただ、注文住宅の場合、無数のパターンが存在しますので失敗しないように希望と生活動線を合わせながら家作りをしなければいけま …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。