注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

建築費用

住宅購入における諸費用ってどういうものなのか

投稿日:2017年5月21日 更新日:

住宅購入時に掛かる費用って何がどれくらい掛かるかってなんとなくですが、把握していますか?

住宅を購入する際、建築費用以外に様々な費用が発生します。

今回は、その中の諸費用について説明します。

諸費用ってどんなものに掛かっているのかな?と疑問に思っているかと思われますので、内訳を紹介します。

諸費用ってどんなものがあるの!?

諸費用ってどんなものがあるの!?

◆内訳
・引越代
・新規の家具家電購入費
・諸経費
・雑費(交通費、御礼、挨拶品)

おおまかに上記の項目が諸費用となります。
どうですか、だいたい予想通りですか?

「引越代」、「家具家電代」は分かると思いますが、諸諸経費ってなに?と思われる方が多いようですので、次で説明します。

諸経費ってなに!?

諸経費ってなに!?

諸経費とはどうゆうものなのか、契約によってメーカーに任せるか個人で行うかありますが、基本的には以下の項目諸経費の内容となります。
※この中に引越代や家具家電代も含める場合もありますが、私は住宅部分とそれ以外として別で考えています。

諸経費内訳

項目内容
手付金売買契約や請負契約時に売主または施工会社に支払うお金。契約を破棄する場合は返金されない。購入代金の一般的に5%~10%程度となり、最終的に代金の一部に充てられる。
印紙税売主や施工会社などの契約書に印紙を貼る際に支払う税金。
契約する金額によって変わる。
仲介手数料仲介会社を通して物件を購入する場合に仲介会社に払う手数料。
上限が決められており、「物件価格の3.24%+6万4800円」となっている。
不動産取得税不動産を取得した際に、一度だけ支払う税金。
登記費用不動産登記(所有権の保存や移転など)、抵当権設定登記の際に必要な登録免許税および司法書士に依頼する際の費用。
火災保険火災や落雷、風災、雪災などによって保険の対象(建物や家財等)に損害を被った際に補償される保険。住宅ローンを組む際には必須となる。
物件の構造や保険の商品内容で金額が異なるが、木造で水災等のフルセットとする場合、10年一括払いで30万前後は掛かる。
融資手数料ローン借入時に銀行に支払う事務手数料。
相場は3万円~5万円となっているが、融資額の2~5%となる場合もある。
ローン保証料住宅ローンの返済ができなくなった時に、保証会社にあなたに代わって住宅ローンの肩代わりをしてもらうために払うお金で信用保証会社の保証を受ける際に支払う保険料。
一括払いにするか金利上乗せ等、融資を依頼する銀行によって異なります。保証料を上乗せしてローンを組む場合が多いようです。
団体信用生命保険住宅ローン専用の生命保険。
銀行から融資を受ける場合、無料となる場合があるが、銀行によっては金利上乗せやローン残高に数%など銀行や商品によって異なります
水道負担金水道局への加入金。
新たに水道を利用する際に必要になる場合がある。
住む自治体によって、要不要や金額も異なっている。

まとめ

どういうものが費用として掛かるか概要としては理解できましたでしょうか?

ただ、残念なことに大体の項目は家の価格や構造によって異なってきてしまうため、概算金が出せないのです。

また、売買会社やメーカーは土地・建物を買ってもらいたいために詳しくは説明してくれませんので、それが適正かどうかも判断できません。

結構悩みどころなのですが、下記のサイトはおすすめです。

諸費用を含めた見積書が作成できるサイト
タウンライフ
ネットとかでも明確になっていない諸費用を含めた見積書を複数社からまとめてもらうことができるので、適正な金額を把握することができます。
しかも、作成された見積書は施主が希望する土地や間取りでの作成となるため、そのまま相見積として活用することができます。

おすすめポイント
・諸費用が明確になる
・適正な金額を把握できる

スポンサーリンク

-建築費用
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

住宅ローンは限度額より毎月の返済額で決めよう

住宅購入でだれもが悩むのが住宅ローンの借入額と月々の返済額です。 誰もが初めての住宅購入ですから、相場など勝手がわからず悩むのも当然です。 ただ、住宅ローン選びは失敗が許されないのも事実です。 住宅ロ …

現状の生活費を計算して入居後のシュミレーションをしておこう

現状の生活費がどのくらい掛かっているか把握していますか? また、新居に引越しした後の生活費はシュミレーションしていますか? 生活費の想定をおろそかにすると実際に住み始めてから予想より多くなってしまい、 …

新築に持っていく荷物の整理は始めにやっておくと効率的

引越し先に持っていくものは決まっていますか? まだ決めてないという方はぜひ、引越し先に持っていく荷物の整理を家作りの検討段階で行うことをおすすめします。 この作業は結構、後回しにされがちですが、始めに …

住宅購入の第一歩は諸費用の計算からはじめよう

まずはモデルルームに行って情報収集!!と考えていたら、 ちょっと待って下さい。 見に行きたい気持ちはわかりますが、少し冷静になりましょう。 まずは身辺整理を行いましょう。 ここでの身辺整理は予算や今後 …

引越し代の相場を理解し、予算を決めよう!

引越し代の相場ってどのくらいかわかりますか? 引越しする時期によっては割高になるので、地味に掛かりますよね。 ただ、予算を決める上で引越し料金の相場は押さえておきたいところですよね。 引越代は時期によ …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。