注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

小ネタ 建築費用

建築費用を安く抑えることができる2つの住宅設備!

投稿日:

注文住宅で家を建てるのは、高い買い物はみなさん知ってのとおりですよね。

ただ、高いとはいえ安く収めたいと考えるのが普通ですし、一番頭を悩ませるところです。

私がオススメするのは見積明細書をじっくり眺めて安くなるポイントがないか探すことです。

今回は見積の中から一番削りやすいと言われる照明設備とインテリアの代表 カーテンについてポイントを説明します。

設備代を安くする方法

住宅設備は色々ありますが、安くできる代表的な設備が照明器具とカーテン周りです。

この2つの設備は工夫次第で20万円近く減額することができます。

 

照明器具

照明器具は最初の見積段階で必ず入っていますが、正直言って高いです。

ほぼ、定価で購入することになりますので、個人で買って取り付けた方が安くなります。

ただ、吹き抜け部分のライトやダウンライトの取り付けや大変ですので、全部施主支給というわけにはいきません。

私がオススメする照明器具を安くするポイントは、以下2点になります。

・シーリングライトは施主支給
・ダウンライトを付け過ぎない

我が家は人目に付くリビングはシーリングライトをハウスメーカーから購入し、玄関、ダイニングは調光付きダウンライトにしました。

その分、寝室はアパート時代のシーリングライトを施主支給で設置し、それ以外は安めのダウンライトにしました。

これだけでも約10万円安くなりました。

3000万円の住宅からしたら、たったの10万円ですが、これが積もりに積もって3000万円になるわけですから、バカにはできません。

 

シーリングライトは施主支給

シーリングライトは施主支給

シーリングライトですが、間違いなくメーカーが選択するのは高い物か至って普通のライトをほぼ定価で提案してきます。

おしゃれなものがいいな~」とカタログとか見ると色々頼みたくなりますが、ぐっと堪えて、できる限り「シーリングライトは自分で買います!」と伝えましょう。

施主支給=自分で取り付けになりますので、ハウスメーカーから購入するのは人目の付く玄関やリビング、ダイニングのみにしましょう。

さすがに引き渡し時にライトが無いと寂しいですよ。

また、寝室やその他のライトはアパートやマンションで使っているものを持っていくのもありです。

ちなみに余談ですが、我が家はキッチンにペンダントライトを施主支給で付けましたが、ちょうど引き渡し日当日で業者が最終点検に来ていましたので、取り付けをお願いしてしまいました。

もちろん取り付け費は無料です!

施主支給で取り付けてもらうには、双方ともに最後は気分良く終わりたい引き渡し日がおすすめです!

 

ダウンライトを付け過ぎない

ダウンライトを付け過ぎない

ダウンライトの相場は3000円〜数万円と幅が広くなっており、光を取り入れるために「ここも!」、「あそこも!」となると、総合的に高くなってしまいます。

オススメなのが一つの値段は高くなりますが、調光付きのダウンライトを適材適所に設置して全体的にダウンライトの数を減らすことです。

数を減らしすぎて家全体が暗くならないように上手く調整することがポイントになります。

 

カーテン回り

カーテンも照明同様に高くなります。

窓の大きさによって価格は異なってきますが、ドレープカーテン1つで5万円する物もあります。

カーテン周りを安くするポイントは以下の2つになります。

・カーテンは施主支給
・カーテンレールは安い物を選択

我が家は人目にロールスクリーンとレースカーテンの一部以外はすべて施主支給にし、カーテンレールも安くてカーテンが取り付け易いものを選択しました。

施主支給はアパートで使用していた物を流用したり、ニトリで買ったりと工夫しました。

たった、これだけでも約10万円安くなりました。

 

カーテンは施主支給

カーテンは施主支給

新築だからこそ、良いカーテンで新しい気分で迎えたという気持ちは分かりますが、カーテンこそ施主支給で安くできる最大のポイントになります!

確かにハウスメーカーに頼めば、サイズが寸分違わずぴったりで取り付けもしてくれますので楽です。

ただ、サイズはどのくらいがぴったりなのか聞き出せば教えてくれますので、わざわざメーカー価格でカーテンを買う必要がありません。

また、カーテンの色味についても最初に買う前提で提案してもらって、その色に近いものを探して安く購入するだけで、かなり安く仕上がります。

 

カーテンレールは安い物を選択

カーテンレールは安い物を選択

人ぞれぞれの考えた方になってしまいますが、カーテンレールをオシャレにする意味ありますか?
毎日、見ますか?

ハウスメーカーから「カーテンレールこんなのありますよ?」と提案されましたが、どれもカーテンを付けたら同じでは?と考えてしまいます。

確かに考えようでは家全体をオシャレに演出する物としては有効なのかもしれませんが、細部までに拘る必要があるのかと言われると私は疑問です。

カーテンレールにお金かけるぐらいなら、真っ先に目に飛び込んでくるカーテン自体にお金を掛けるのがベストだと思います。

 

まとめ

今回は、建築費用を少しでも安くする方法として住宅設備の照明器具とカーテン周りについて説明しました。

おさらいすると安くするポイントは以下になります。

照明器具を安くするポイント

・シーリングライトは施主支給
・ダウンライトを付け過ぎない

カーテン周りを安くするポイント

・カーテンは施主支給
・カーテンレールは安い物を選択

どちらもインテリア部分になりますが、インテリア部分はメーカーから購入せずとも家具専門店家電量販店またはネットで購入する方が安くすることが出来ます。

ネットでカーテンを選ぶならカーテン&カーテンはおすすめです。

2万点のカーテンを取り揃ているだけなく、サイズで失敗しないように図り方など窓が大きくなることで不安なサイズの寸法についてもアドバイスしてくれますので、結構使い勝手が良いです。

特におすすめなのが、家一軒まるごとパックで図面と好みを伝えることで、カーテンをプランニングしてくれますし、最大60%OFFになりますので、検討する上で一つの材料となります。


カーテン&カーテン

スポンサーリンク

-小ネタ, 建築費用
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

坪単価で見る年収450万円のハウスメーカー選び

家作りを検討する中で必ず壁になるポイントがあります。 ・年収や頭金から、住宅ローンはいくら組めるのか ・どこのハウスメーカーなら依頼できるか この壁を乗り越えない限り家作りは始まりません。 住宅購入は …

新築に持っていく荷物の整理は始めにやっておくと効率的

引越し先に持っていくものは決まっていますか? まだ決めてないという方はぜひ、引越し先に持っていく荷物の整理を家作りの検討段階で行うことをおすすめします。 この作業は結構、後回しにされがちですが、始めに …

失敗しない間取りの決め方4ステップ

希望の間取りは決まっていますか? 家作りは間取りを決めなければ始まりませんよ。 ただ、注文住宅の場合、無数のパターンが存在しますので失敗しないように希望と生活動線を合わせながら家作りをしなければいけま …

現状の生活費を計算して入居後のシュミレーションをしておこう

現状の生活費がどのくらい掛かっているか把握していますか? また、新居に引越しした後の生活費はシュミレーションしていますか? 生活費の想定をおろそかにすると実際に住み始めてから予想より多くなってしまい、 …

ローコスト住宅で後悔しないためにデメリットを理解しておこう

家作りは知っての通りお金が掛かります。 少しでもローンを抑えるにはローコスト住宅という選択肢もあるかと思います。 ただ、ローコスト住宅は確かに低価格が売りですが、「後悔した」と言われるほど、デメリット …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。