注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

インテリア 間取り関連

エコカラットとは? 3つの機能で快適空間を作ろう

投稿日:

エコカラットという壁材を聞いたことありますか?
私は妻が調べてくるまで知らなかったのですが、調べてみて特徴的な機能に驚かされました。

実際に取り入れてみてあー確かになるほどと納得する機能ばかりです。

所詮壁材と思わずにエコカラットの特徴を検討してみてはいかがでしょうか。

 

エコカラットとは

内装用壁材の名称になります。

微細な孔を持つ原料をタイル状に焼いてインテリアに使用できるようにしたものとなります。

エコカラットサンプル
詳細ページ

 

エコカラットの特徴

エコカラットはインテリアとしてのデザイン性がありながら、暮らしの中で役立つ機能も兼ね備えています。

湿度が調整できる

ジメジメとした夏場は湿度を吸収し、カラカラになる冬場は適度に湿度を出して、空間を調整してくれます。

湿度を調整すり壁材はエコカラット以外にもありますが、エコカラットは他より6倍近く吸収率が高いとのことです。

また、湿度を40%〜70%を保ってくれますので、湿度が大好きなダニの発生が抑えられます。

人にも優しくノドのカラカラや肌のガサガサも抑えることができますので、居住環境には最適です。

そう考えるとエコカラットを付けた我が家の玄関は、他の部屋と比べると環境が良いように感じます。

 

脱臭効果がある

エコカラットは生活臭の原因となるアンモニアや硫化水素を吸収する力があります。

トイレやゴミ、ペットの臭いは気になりますよね。
普段暮らしていても気になりますが、特にお客様は敏感になります。

せっかく良い家なのに臭いが漂っているのはもったいないですよね。

また、換気だけでは取れないお肉やお魚の臭いも吸収してくれます。

正直、リビングやダイニングに入れても良かったかなと思っています。
予算越えしてなかったら、確実に入れてましたね!

少し余裕が出来たらDIYしてみようかと思っています。

 

有害物資の低減ができる

シックハウス症候群の原因となる「ホルムアルデヒド」や「トルエン」などの有害物資を吸収し低減する機能があります。

シックハウス症候群は住宅に入ると起こる目のねかゆみや喘息、頭痛などの症状になります。

別名で新築病とも言われ、家を建てた時に使われる接着剤に含まれる有害な気体が家中に舞っていることで発症します。

少し脱線しましたが、シックハウス症候群の発症を抑えるには換気して空気の循環が必要になります。

ただ、いつも出来るわけではないので、そういう場面でエコカラットが活躍するということになります。

 

エコカラットの設置先

リビングやトイレに多く設置されていますが、最近は玄関も人気あります。
どこも汚れ臭いが気になるところになるため、脱臭効果を期待されています。

また、デザイン性も優れていてインテリアとしても活躍できますので、部屋や玄関のアクセントとして導入することもあります。

我が家は玄関に導入しました。
玄関の照明を当てることで、インテリアとしても活躍してくれています。

 

エコカラットの事例

いくつかエコカラットの事例をご紹介します。

みなさん凝っていて個性的な感じな使い方をしている方もいらっしゃいますよ。

ダイニングに取り入れたレンガ風のエコカラット

一見レンガに見えますが、すべてエコカラットです。
かなりおしゃれに取り入れていますよね。

ダイニングのエコカラット
詳細ページ

玄関に取り入れたエコカラット

これはシンプルな使い方ですね。
照明を当てることでエコカラットがより引き立っています。

玄関のエコカラット
詳細ページ

リビングの吹き抜けに取り入れたエコカラット

吹き抜け部分にエコカラット!なんて贅沢な使い方。
和モダンをイメージしているお宅ですが、エコカラットがマッチしていますね。

リビングのエコカラット
詳細ページ

 

関連:間取りの決め方

 

まとめ

エコカラットはデザイン性もさることながら、3つの機能を持ち合わせています。

・湿度調整
・脱臭効果
・有害物資の軽減

少し値は張りますが、快適空間を演出できますので、検討してみてはいかがでしょうか。

特にシックハウス症候群を考えると子育て世代には是非、取り入れてもらいたいと思います。
新築に引っ越してから喘息などが発症したら、いたたまれないですよね。
エコカラットで心配事を出来る限り減らしていきましょう。

SUUMOのエコカラット事例集

LIXILのエコカラット事例集

スポンサーリンク

-インテリア, 間取り関連
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

グルニエ(小屋裏収納)の使い方を知って家の弱点を補おう

グルニエ(小屋裏収納)という言葉聞いたことありますか? おそらく、雑誌やネットで聞いたことあるかと思いますが、いかがでしょうか? 簡単に言うと屋根裏部屋になります。 グルニエは家の弱点を補てんしてくれ …

二世帯住宅の間取り比較 同居に失敗しないために

二世帯住宅と聞くと親世代は息子・娘が帰ってきますので、一緒に暮らせて嬉しいと思っています。 対して子世代は自分の親なら良いですが、旦那様や奥様の親と暮らすのはうれしい反面、緊張感がありますよね。 また …

二階リビング 間取りのメリット・デメリット

二階リビングという言葉は聞いたことありますか? 近年、人気で増えてきている間取りみたいなのですが、私、恥ずかしながら家作りを始めるまで知りませんでした。 住宅展示場で見て、企画としては結構面白いな~と …

no image

吹き抜けの家にはメリットとデメリットが存在する!

新築の戸建てを建てるなら吹き抜けが欲しいと考えますよね。 詳細ページ 吹き抜けは家全体を広く見せることができるということから人気の設計となります。 私も実際に吹き抜けの家を見させてもらいましたが、噂通 …

玄関の広さはどのくらい?1坪の玄関を広く見せる2つのポイント

玄関の広さって気になりませんか? 玄関は家の顔になりますよね。 お客様が来たときや家に帰ってきたときに真っ先に目に入るのが玄関です。 そうなると、少しでも広く見せたいと思います。 では、どのくらいが広 …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。