注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

施工会社を選ぶポイント

ハウスメーカーと工務店を比較!どちらに依頼するべきか!

投稿日:

家作りにおいてもっとも重要なのが、どこの業者に家を建ててもらうかです

この施工業者選びによって家の良し悪しが決まると言っても過言でもありません。

ただ、世の中には多くのハウスメーカーや工務店があり、どこの施工業者に頼むべきが悩みどころです。

特にハウスメーカーと工務店は最初の分かれ道になりますので、この2つについてはポイントを抑えておく必要があります。

 

ハウスメーカーと工務店の違い

まずはハウスメーカーと工務店の違いについて理解しておきましょう。

ハウスメーカーとは

ハウスメーカーとは

明確な定義はありませんが、日本で住宅建設を行う会社のことをハウスメーカーと指します。

家を売ること」を目的としており、実際の施工は下請けとなる工務店が行います。

ハウスメーカーと呼ばれるのは、「積水ハウス、セキスイハイム、大和ハウス工業、パナホーム、ヘーベルハウス(旭化成ホームズ)、ミサワホーム、住友林業・三井ホーム」の大手8社となります。

ただ、近年は新興メーカーである一条工務店やタマホーム等を含めて指す場合もあります。

工務店とは

工務店とは

こちらも明確な定義はありませんが、住宅を実際に施工する建設業者のことを指します。

ハウスメーカーとの違いは工務店は「家を建てる」というのを目的していることです。

多くの工務店は特定のエリアで活動していますので、地元密着型となります。

 

ハウスメーカーと工務店の比較

ハウスメーカーと工務店を「価格、技術、品質、工期、設計の自由度、ローンの組みやすさ」の6点で比較してみました。

価格

価格で比較

ハウスメーカーは資材の大量購入で低コスト化を進めていますので、工務店より安くなるのでは?と普通は考えますよね。

ただ、実際は工務店よりハウスメーカーの方が高いのです。
なぜなら、ハウスメーカーのCMを見ない日はないですよね?

そうです。
ハウスメーカーはCMの放映料や全国の住宅展示場の建築費や維持費を上乗せしているわけです。

ということは、同価格の家を建てようとした場合、どちらが大きい家が建つかと考えると工務店ということになります。

工務店の坪単価の相場は40万~50万となりますので、ローコスト住宅と同じです。

地場の工務店に某ハウスメーカーで作成してもらった間取りと見積を見せたところ、「この金額だったら檜で家が建てられる!」と豪語してましたので、ハウスメーカーが盛っているというのは確かでしょう。

よって、価格勝負は工務店となります。

技術

技術で比較

技術力はハウスメーカーによってもバラつきがありますので、比較は難しいです。

しかも、ハウスメーカーは自ら家を建築しません。

建築予定エリアの地場の工務店に依頼することになりますので、技術力は工務店次第ということになります。

そう考えると工務店とハウスメーカー、どちらが優れているかと考えると工務店 対 工務店となりますので、引き分けになります。

ただし、ハウスメーカーが選定する工務店は施主で選択できませんので、技術力が低い工務店に依頼されてしまうことがあります。

それに対して、施主が工務店を選ぶ場合は、ネットでの口コミなどで評判を見ることもできますし、地場で長く続けるには担当エリアから絶大な信頼があることの証ですので、腕の良い工務店を選択することができます。

地場の工務店は信頼を失うと一気に仕事が無くなるので、設立●●十年となる場合は、信頼してよいと考えて良いでしょう。

工期

工期で比較

工法にもよりますが、ハウスメーカーも工務店は通常3か月半~半年となります。

ただ、ハウスメーカーでは工場である程度作って、現場では組み立てるだけの工法を採用しているところは、3か月以内で完成することもあります。

規格住宅の場合も同様に大量生産してマニュアルに沿って作るだけですので、3か月以内で完成することもあります。

よって、工期勝負はハウスメーカーとなります。

諸事情で早く家が建てたいという方は現場で組み立てるだけの工法を採用しているセキスイハイムがおすすめです。

品質

品質で比較

ハウスメーカー・工務店とも業者の腕次第のため品質がマチマチですので、以下の2点から品質を比較してみました。

部材の品質

ハウスメーカーは自社の施工ポイントとなる部材を大量に仕入れることで、安定した供給が可能になっています。

また、工場である程度、作ることで品質のバラつきが無くなりますので、住宅の基礎となる部材に関しては、ハウスメーカーが優位となります。

三井ホームの工場見学に行きましたが、大型の機械で木造パネルを作成しているのを見て品質が統一されているなというのを感じました。

対して工務店は良いものを使っている所もありますが、ローコストを売りにしているところは材料費を削っている可能性がありますし、良い部材が仕入れることができないと品質もバラつきがでます。

よって、部材に関しては安定して供給できるハウスメーカーが勝っていると見て間違いないです。

施工中の品質

施工中の管理については、ハウスメーカー・工務店ともに難しいところです。

ハウスメーカーは管理責任者はいますが、現場監督を下請けの工務店に投げていることがほとんどですので、施主と会話もしていない人が管理していますので、お客様目線で管理しているかというと難しいところはあります。

対して工務店は現場管理を自社で行うため、施主の意向を汲んで管理をしてくれますので、お客様目線で管理してくれます。

ただ、自社で管理を行うということは外部のチェックが無いということになりますので、チェック機能が働いているかと聞かれるとYESともNoとも言えません。

よって、施工中の品質については甲乙つけがたいですが、お客様目線という観点で工務店が優位と感じます。

ただし、ここでの工務店は地場で長く根付いている工務店に限ります。
根付いているということは品質が良く周りから信頼されていることの証ですので、管理も行き届いています。

工務店を選ぶときの最初のポイントはやはり設立年数となります。

設計の自由度

設計の自由度で比較

設計の自由度は施主の要望となります。

この施主の要望が通りやすいのは工務店となります。

工務店は設計が仕組化されておらず、施主の要望を細かく聞いて、それをプランに落とし込んでいくため、法令・予算の範囲内であれば、要望が通りやすくなります。

対して、ハウスメーカーは基本的には規格化された商品を提供しており、施主の細かな要望を取り入れる仕組みにはなっていません。

よって、設計の自由度は工務店となります。

ローンの組みやすさ

ローンの組みやすさで比較

ハウスメーカーも工務店も銀行と付き合いがありますので、どちらも紹介可能です。

ただ、組みやすさという観点で言えば、工務店になります。

地場に長く根付いている工務店は、銀行と協働関係にあり、スムーズにローンを組むことが出来ます。

また、工務店の中には施主に代わってローンを組む作業を代行してくれるところも存在します。

対してハウスメーカーは知名度はありますが、担当者が変わってしまうこともあり、銀行から一定の信頼を得ているとは言いにくい状況ですので、お客様の信頼も0からのスタートとなります。

銀行から信頼されている担当者はエリアを担当している期間が長い人となります。

よって、ローンの組みやすさは工務店となります。

ただし、ローンが組めるかどうかは最終的にはお金を借りる施主の信用度が一番重要です。

関連:絶対知っておくべきローン審査6つのポイント

 

まとめ

比較まとめ

ハウスメーカーと工務店の比較を見て、一長一短ということがわかりましたか?

ハウスメーカーも工務店も良いところと悪いところがありますので、選ぶ際のポイントは「何を実現したいのか!」というところです。

デザインとかに拘りが無く、価格が安いところであれば工務店になりますし、少々価格が高くてもブランドに拘るのであればハウスメーカーになります。

最終的には施主となるあなたの判断となりますので、実現したいこと、妥協できることをしっかりと把握して業者選びを行うことが重要です

工務店を検討する場合の注意点として、ほとんどインターネットに情報が公開されておらず、直接足を運ぶしかないことです。

ただ、これを検討段階でやってしまうと金銭的にも体力的にも負担になってしまいます。
効率的に進めるにはイッカツSUUMOで建築予定エリアに存在する工務店の資料請求して情報だけでも入手しておきましょう。

見積まで欲しいという方はタウンライフで見積と間取を依頼するのもおすすめです。



↓地場の工務店の資料をもらうのはこちらから




↓ハウスメーカーの資料をもらうにはこちらから



↓工務店・ハウスメーカーの見積と希望の間取をもらうにはこちらから

スポンサーリンク

-施工会社を選ぶポイント
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

住宅展示場を見学するときのコツ 6つのポイントを押さえておこう

注文住宅でマイホームを希望する人が必ず訪れるのが、住宅展示場です。 やはり、実際に住宅を見学しながら営業マンと会話ができるというのが何よりもメリットですし、一気に家づくりに近づいた感じしますよね。 た …

坪単価とは?比較する前に坪単価を理解しよう。

家作りを考える上で指標になるのが「坪単価」。 この言葉を聞いたり見たりしますよね。 家作りのおいて重要なことは家を建築するハウスメーカーや工務店などの業者を選びであることは間違いありません。 この業者 …

ローコスト住宅で後悔しないためにデメリットを理解しておこう

家作りは知っての通りお金が掛かります。 少しでもローンを抑えるにはローコスト住宅という選択肢もあるかと思います。 ただ、ローコスト住宅は確かに低価格が売りですが、「後悔した」と言われるほど、デメリット …

優良な施工会社はどうやって見つけるの!? 建物編

「優良な施工会社はどうやって見つけるの!? ヒューマン編」で人の重要性について説明しましたが、建物についても重要なポイントがありますので、今回は建物編について説明します。 ポイントとなるところは十人十 …

ハウスメーカーの資料を請求するならSUUMOがおすすめ

ハウスメーカーの資料を一括で資料請求できるサイトはいくつかありますが、不動産サイト 大手のSUUMOさんの情報量は群を抜いています。 WEB上の住宅展示場といっても過言ではありません。 資料請求ならS …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。