注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

小ネタ 引越

着工前に近隣への挨拶は必須!近隣トラブルを防ごう

投稿日:

家を建築する際に重要なのが、近隣住宅への挨拶です。

建築中のクレームは大抵、施工会社の原因ですが、怒りの矛先は施主であるあなたに向けられます。

一度目を付けられると入居後もイザコザが耐えなくなってしまいます。

近年では、理不尽なクレームも増えてきていますので、出来る限りクレームにならないような配慮が必要になります。

 

近隣トラブルの原因

近隣トラブルの原因

建築中の主なトラブルの原因になります。
クレームまでは入れてないけど、実際に思ったことはあるかと思います。

正直、私は思ったことありますよ。

・作業の音がうるさい
・クルマが邪魔で通行、出入りがしにくい
・ゴミが散乱している
・建築部材が危ない

これらのクレームは都市型の住宅密集地に多く見受けられます。
住宅密集地派、道路が狭かったり、一軒一軒が近いため作業音が響きやすくなります。

 

近隣トラブルを未然に回避するためには挨拶

近隣挨拶

では、どうやって近隣トラブルを防ぐのかですが、簡単です。

しっかりと挨拶を行うことです。

大抵の場合は、知らない土地への引越しとなりますので、まずはどんな人が引越ししてくるのか顔見せすることが重要です。

あなたも知らない土地で不安ですが、今住んでいる方もどういう人が引越してくるのか不安なのです。

挨拶のタイミング1 着工前

まずは着工前の挨拶です。
この挨拶は大事で挨拶次第で近隣の心象が変わってきます。

着工前なので地鎮祭の日に隣三軒、家の裏のお宅に挨拶しましょう。

「これからお世話になります。●●です。宜しくお願いします。」と挨拶し、施工会社と工事の日程について説明します。

留守の場合は改めて挨拶に行くのか、ポストに手紙を置いていってください。

この着工前の挨拶を省くと「なんで勝手に工事の音始めてるんだ!」とクレームになり、今後も事あるごとにクレームを入れられてしまいます。

最近は地鎮祭をやらない方も増えてきていますが、挨拶も兼ねて行うことをオススメします。

遠方への引越しの場合、挨拶だけに足を運ぶのは面倒なので、地鎮祭を兼ねて行うのがおすすめです。

挨拶のタイミング2 大きな音が出る工事が行われるとき

建築中にクレームが入るのは大抵決まったときです。
それは大きな音が出る工事が行われるときです。

土地改良や基礎工事ときは大型車が出入りしますし、何やりも車の音や工事の音が非常に大きな音が発生します。

近くに子育て世代が住んでいて工事のことを知らずに日中居た場合、「うるさい!子供が起きてしまった!」とクレームに発生しやすくなります。

防止策として、施主も工事の日程を理解しておき、音がうるさい日の前に「いついつ、うるさくなりますので、ご迷惑お掛けします」と事前に伝えておきましょう。

挨拶のタイミング3 工事の延期が決まったとき

工事が延期するときもクレームになりやすいです。

近隣の方は結構、「いつまで工事だからうるさくてしょうがない」、「我慢するか」と、工事の終了日が頭に入っています。

なので、工事が延期して挨拶無しに行っていると「いつまで工事しているんだ!」とクレームに繫がります。

工事を延期する場合は、事前に理由と完了日をお伝えしましょう。

挨拶のタイミング4 入居前

工事が完了して家が引き渡されたら、近隣にもう一度、お詫びとこれからの挨拶を兼ねて挨拶しましょう。

終わり良ければ全てが良しではないですが、終わりの挨拶は重要です。

 

挨拶周りの必需品

挨拶周りに行くときには粗品を用意しましょう。
高価なものは受け取りずらいので、安価で置いてあっても困らない、実用品にしましょう。
相場は500円〜1000円程度となります。

百貨店で探すのもいいですが、ギフトナビでは熨斗やメッセージカードが無料でサービスを受けられますし、商品も多く揃っていますので、わざわざ探しに行くより便利です。

誰にプレゼントするかで商品を絞ることができますので、我が家は父の日などで活用することがあります。

 

まとめ

近隣に住んでいる方とは仲良くする必要があります。

仲良くすることでコミュニケーションが日々取れて防犯対策にも繫がりますし、何よりも同じ自治会に属しますので、仲間ハズレにされることが無くなります。

もちろん入居後の生活態度によってクレームが発展する可能性はありますが、入居後直ぐにクレームになることは、まずありません。

せっかく購入した土地で気持ちよく過ごすには近隣と仲良くしておくことが何よりも重要ですので、建築前の挨拶から入居前の挨拶は必ずしておきましょう!

遠方への引越しで頻繁に顔出せないこともありますが、最低でも着工前入居前の挨拶は行いましょう。

スポンサーリンク

-小ネタ, 引越
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

長期優良住宅の認定を受けて、減税することをおすすめします!

長期優良住宅の認定を受けることで様々なメリットが存在します。 ただ、国で定められた基準をクリアする必要がありますので、単に認定が取得したいと言っても取得できるものではないということを理解する必要があり …

地盤改良費の相場は?予算は2段階で算出するべき理由。

家作りで実際に工事が始まるまでヒヤヒヤするものが地盤改良費です。 地盤改良費は地盤調査を行って実際に工事してみないと分からない費用ですが、家作りを始める上で予算化しておかないと予算オーバーになってしま …

転職後でも住宅ローンは組めるのか?ローン審査の6つのポイント

家作り・住宅購入において最大の難関が住宅ローンの借入です。 住宅ローンの審査は「あなたにお金をお貸しして大丈夫なのですか~!?」という観点で各金融機関が調査します。 今回は、「転職後間もないけど、大丈 …

グルニエ(小屋裏収納)の使い方を知って家の弱点を補おう

グルニエ(小屋裏収納)という言葉聞いたことありますか? おそらく、雑誌やネットで聞いたことあるかと思いますが、いかがでしょうか? 簡単に言うと屋根裏部屋になります。 グルニエは家の弱点を補てんしてくれ …

住宅展示場を見学するときのコツ 6つのポイントを押さえておこう

注文住宅でマイホームを希望する人が必ず訪れるのが、住宅展示場です。 やはり、実際に住宅を見学しながら営業マンと会話ができるというのが何よりもメリットですし、一気に家づくりに近づいた感じしますよね。 た …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。