注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

小ネタ 建築費用

家を購入するタイミングはいつが適しているの?年収と年齢から考えてみよう

投稿日:2017年6月11日 更新日:

注文住宅に限らず家を購入するタイミングって難しい問題ですよね。
年収や年齢もバラバラですし、結婚したタイミングや子供が出来たタイミングなど十人十色です。
昔は家族を持ったらマイホームというイメージでしたが、近年はマンションやアパート暮らしなど時代と共に変化してきました。
年収と年齢から自分の住宅購入のタイミングがいつなのかを探してみましょう。

年収から考えてみよう

年収から家を購入するタイミング

民間給与実態統計調査(平成27年度)によると日本の平均年収は420万となりますので単純に年収400万円であれば可能と考えて良いでしょう。

参考:民間給与実態統計調査(平成27年度)

ただ、住宅ローンは年収の約5倍となりますので、土地代を含めて2000万円が限度となります。
頭金がある程度揃ってないと建てる場所限られてきます。
都心部に住みたいというこだわりがある方は、年収を上げる努力をするか毎月の貯蓄を増やして頭金を多く出す必要があります。

また、年収300万円の場合ですが、坪単価が20万円~40万円のローコスト住宅がありますので、生活の仕方によって建てることが可能です。

ローコスト住宅が出てきたことで、30代の住宅購入が増えていると考えれます。

ローコスト住宅とは!?

 

次に注文住宅を購入する年収です。
国交省の住宅市場動向調査 平成28年度版【注文住宅(新築)】の結果を見ると400万円~600万円台が一番多く購入していることがわかりますので、平均年収と同じく400万円が最低ラインと考えることができます。

400万円未満:11.9%
400万円~600万:34.6%
600万円~800万:22.7%
800万円~1000万:13.1%

参考:住宅市場動向調査 平成28年度版

住宅ローン審査の6つのポイント

 

年齢から家を作るタイミングを考えてみよう

年齢から家を購入するタイミング

国交省の住宅市場動向調査 平成28年度版【注文住宅(新築)】の結果を見ると30代が圧倒的に多く次に40代が多くなっています。

20代:12.7%
30代:45.3%
40代:22.9%
50代:8.0%
60代:10.9%

参考:住宅市場動向調査 平成28年度版
この結果を踏まえて20代~40代の購入要因を私なりに考察してみました。

20代での購入

早めに結婚・子供を授かって、今住んでいるところが手狭になった人が購入していると考えられます。
購入の割合が少ない理由としては、社会人になってから年数も浅いため貯蓄や年収が少ないことが要因だと感じます。

確かに、20代の頃は注文住宅を購入するなんて微塵も思っていませんでしたので、概ね当たっているのかなと思います。

30代での購入

注文住宅の購入が一番多い年代になります。
結婚や子供が産まれてライフスタイルが変わることと住宅ローンを定年まで組める最後の年代というのが要因だと考えられます。

また、社会人になって10年近くまた以上経ち仕事も安定してきて地位も上がってきたことで年収や貯蓄額も増えたことでの余裕が生まれてくる年代であることも要因として挙げられます。

私は31歳で購入しましたのでこの分布図に入ります。

40代での購入

家族構成が概ね確定したか社会人になって20年近く経ち、お金や生活に余裕が生まれることでが要因として考えられます。

住宅ローンを35年組めなくてもお金に余裕があることで、20年などに短縮することができますので、この年代での購入が多いと思われます。

 

まとめ

家を購入するタイミングのまとめ

一番ベストなタイミングは住宅ローンが35年で組めて、日本の平均年収を超えてくる30歳~35歳だと住宅市場動向調査を見ても明らかです。

ただ、家を購入するタイミングはライフスタイルや家族構成などで変わってきますので、正解はありません。

一つだけアドバイスをするならば、以下の条件が揃ったときが最大にして最高のタイミングになります。

・頭金が購入価格の2割が用意出来ている。
・家を購入したいと強く思っている。

頭金は住宅ローンのリスクで説明してるとおり、将来的に生活が苦しくなってしまいますので必ず用意し下さい。

思い描いている希望の間取りや建築予定の場所で、家を購入できるか心配だよという方におすすめの方法があります。

タウンライフさんで見積を出してもらうことをおすすめします。

複数のハウスメーカー・工務店から土地も含めた見積と資金計画書が貰えますので、頭金がいくら必要になるのか住宅ローンの月々の返済額がいくらになるのか明確になります。

また、A社はダメでもB社には頼めそうかもと1社のみの検討ではなく、複数社での検討・比較ができますので、例えば1社も想定内の金額でない場合は、タイミングが違うといった判断材料にもなります。

住宅購入は一生の買い物になりますので、失敗はできません。
失敗しないように自身に合ったタイミングを見つけることが何よりも大切です。

スポンサーリンク

-小ネタ, 建築費用
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

住宅展示場を見学するときのコツ 6つのポイントを押さえておこう

注文住宅でマイホームを希望する人が必ず訪れるのが、住宅展示場です。 やはり、実際に住宅を見学しながら営業マンと会話ができるというのが何よりもメリットですし、一気に家づくりに近づいた感じしますよね。 た …

グルニエ(小屋裏収納)の使い方を知って家の弱点を補おう

グルニエ(小屋裏収納)という言葉聞いたことありますか? おそらく、雑誌やネットで聞いたことあるかと思いますが、いかがでしょうか? 簡単に言うと屋根裏部屋になります。 グルニエは家の弱点を補てんしてくれ …

オール電化のメリットは? 電気代が安くなる!

せっかく注文住宅で戸建てにするならオール電化を検討しますよね。 ただ、今までと暮らし方が変わるので、ガス併用時と比べてメリットが無いとオール電化に踏み切れないというのが本音だと思います。 しかも、ネッ …

現状の生活費を計算して入居後のシュミレーションをしておこう

現状の生活費がどのくらい掛かっているか把握していますか? また、新居に引越しした後の生活費はシュミレーションしていますか? 生活費の想定をおろそかにすると実際に住み始めてから予想より多くなってしまい、 …

家作りに失敗しないためにはまずは情報収集

「よし、決めた! 家を建てよう! まずは情報収集だ!」 「ん、どうやって収集するんだ? やっぱり、住宅展示場かな、それとも資料請求かな?」 というように悩んでませんか? 情報収集と一言で言っても色なア …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。