注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

小ネタ 建築費用

地盤改良費の相場は?予算は2段階で算出するべき理由。

投稿日:

家作りで実際に工事が始まるまでヒヤヒヤするものが地盤改良費です。

地盤改良費は地盤調査を行って実際に工事してみないと分からない費用ですが、家作りを始める上で予算化しておかないと予算オーバーになってしまう可能性があります。

ただ、予算化するには改良方法の種類と相場を知っておく必要があります。

今回は地盤改良費の相場と予算の算出方法について説明します。
少し知っているだけで安く出来たりもしますので、是非、参考にしてみてください。

 

地盤改良とは

地盤改良は以下の通りに定義されています。

建築物、橋梁などを地盤上に構築するにあたり、安定性を保つため地盤に人工的な改良を加えることである。

wikipediaより引用

安全に暮らすための必要が工事が地盤改良ということになります。

よって、家作りにおいて避けては通れないのが地盤改良です。

すごくいい土地でも土を慣らしたりするため、お金は多少なりともかかってきます。

 

種類別にみる地盤改良費の相場

地盤改良には大まかに「表層改良」、「柱状改良」、「鋼管杭改良」の3種類あり、それぞれの相場が異なってきます。

表層改良

軟弱な地盤の層をセメントによって土を固める改良工法です。

土地の形状はに関係なく対応できますが地盤改良できる深さは2mまでときまっています。

安価な工法で深度1mで30万~50万が相場となっています。

 

 

表層改良の相場

出典:https://www.s-thing.co.jp/jiban_kairyo/hyoso_kairyo.html

 

柱状改良

軟弱な地盤の深さが2m~8mまでに使われ、土の中にセメントの柱を作って建物を支える工法です。

一般的な工法となります。

深度4m程度で70万~100万が相場となっています。

表層改良より高いですが、軟弱な地盤が深度2mとき、柱状改良の方が安くなる場合があります。

深度2mで表層改良を進めてきた場合は、注意が必要ですので、改良方法の理由について確認しておきましょう。

もしからしたら、安くなる可能性がありますよ。

 

 

柱状改良の相場

出典:https://www.s-thing.co.jp/jiban_kairyo/chujyo_kairyo.html

 

鋼管杭改良

軟弱な地盤が深さ30mまでに使われ、鋼管杭と言われる鋼管の杭を土の中に入れて建物を支える工法です。
他の工法よりも品質が高いと言われる反面、費用が高くなります。

深度5m程度で110万~140万が相場となっています。

ただ、最近では鋼管杭を打ち込む工法自体も改良され、品質・価格ともの安くなり始めています。

地盤の専門家サムシングさんではDM工法という鋼管杭でありながら従来より安くかつ工期が短い工法を開発しています。

こういう地盤改良もあると頭に入れておくだけでも安くできるポイントになりますよ。

 

鋼管杭改良の相場

出典:https://www.s-thing.co.jp/jiban_kairyo/dm_double_metal.html

 

地盤改良の予算算出方法

地盤改良は調査段階である程度の概算出ますが、実際の金額は改良後でしかわかりません。

ただ、さすがプロなので概算に大きな違いは出ません。
出ても10万円前後の違いです。

このように地盤改良は読めないことが多いので、私がおすすめする地盤改良費の予算化は2段階方式です。

「家作りの検討中」で大まかな金額を確保して「地盤調査結果後」の2回に最終的な予算をする方法です。

こうすることで、使わない金額は別に回したりすることができますし、「そんな掛かるなんて知らなかったよ~。。」といった落胆が無くなります。

第一段:家作りの検討中

大まかな金額を見積もっておきましょう。
昔、海や川だったり埋立地でない限りは100万円~130万円をMAXに考えておきましょう。

地盤が相当悪いという場所は200万円ぐらいを考えておくのがよいでしょう。

もし、不動産屋やハウスメーカーからお墨付きの土地であれば、見積+20万円で良いでしょう。

第二段:地盤調査結果後

概算金額が出ますので、実際の金額に近くなります。

ここで注意が必要なのは、概算金額+20万円ぐらいは考えておきましょう。

プロでも工事してみないと分からないことがありますので、概算金額+20万円で考えておくことで、より高くなったときの落胆は少なくなります。

関連:家作りに伴う予算の考え方

 

まとめ

地盤改良費は本当に家が建ち始めるまでわかりません。

私も当時ヒヤヒヤしてハウスメーカーに何度も金額を尋ねていました。

ただ、よく考えてみると、それは自分の知識不足であり、予算化の甘さによって不安になっていると今は思います。

なので、知識を最小限持ち、予算化をしておくことで多少不安は取り除けます。

土地に悩んでているようでしたら、土地探しの提案が受けられるタウンライフはおすすめです。

盤改良費は土地によって大きく異なり、土地を買ったは良いけど、予算を大幅にオーバーなんてことも耳にしますし、実際に私の友人も予想以上に掛かって家自体を小さくしたという話も聞きました。

そうならないように地盤改良費が少なく、全体の予算にあった土地を探してみてはいかがでしょうか。

↓土地探しのサポートはこちらから
タウンライフ

スポンサーリンク

-小ネタ, 建築費用
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

坪単価で見る年収450万円のハウスメーカー選び

家作りを検討する中で必ず壁になるポイントがあります。 ・年収や頭金から、住宅ローンはいくら組めるのか ・どこのハウスメーカーなら依頼できるか この壁を乗り越えない限り家作りは始まりません。 住宅購入は …

住宅購入の第一歩は諸費用の計算からはじめよう

まずはモデルルームに行って情報収集!!と考えていたら、 ちょっと待って下さい。 見に行きたい気持ちはわかりますが、少し冷静になりましょう。 まずは身辺整理を行いましょう。 ここでの身辺整理は予算や今後 …

オール電化のメリットは? 電気代が安くなる!

せっかく注文住宅で戸建てにするならオール電化を検討しますよね。 ただ、今までと暮らし方が変わるので、ガス併用時と比べてメリットが無いとオール電化に踏み切れないというのが本音だと思います。 しかも、ネッ …

グルニエ(小屋裏収納)の使い方を知って家の弱点を補おう

グルニエ(小屋裏収納)という言葉聞いたことありますか? おそらく、雑誌やネットで聞いたことあるかと思いますが、いかがでしょうか? 簡単に言うと屋根裏部屋になります。 グルニエは家の弱点を補てんしてくれ …

ローコスト住宅で後悔しないためにデメリットを理解しておこう

家作りは知っての通りお金が掛かります。 少しでもローンを抑えるにはローコスト住宅という選択肢もあるかと思います。 ただ、ローコスト住宅は確かに低価格が売りですが、「後悔した」と言われるほど、デメリット …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。