注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

間取り関連

二階リビング 間取りのメリット・デメリット

投稿日:2017年6月14日 更新日:

二階リビングという言葉は聞いたことありますか?

近年、人気で増えてきている間取りみたいなのですが、私、恥ずかしながら家作りを始めるまで知りませんでした。

住宅展示場で見て、企画としては結構面白いな~と感じましたので、メリット・デメリットを含めて紹介いたします。

一つの検討材料としてみてはいかがでしょうか?

二階リビングとは

二階リビングとは

一階部分に寝室があり、キッチンやリビング、お風呂などの生活動線が全て二階にある間取りです。

都心部で家を建てる場合、住宅が密集しているため、一階は日当たりが悪くなってしまいます。

生活の基盤となるリビングの日当たりを良くするために二階リビングを検討されることが多いようです。

二階リビングのメリット

まずはメリットについて説明します。

日当たりが良い

二階リビング 日当たり

狭小地において一番のメリットになります。

両隣に家がある場合、一階にリビングを置くと物理的に暗くなってしまいますが、二階にリビングを持ってくることで日当たりを確保できます。

また、天井を吹き抜けにするこでより日当たりを良くすることもできます。

家の中で一番長くいる部屋が明るいと気分も上がりますし、子供もリビングに居たいと思いますから、家族団欒の時間が作れるのがポイントですね。

狭小地での住宅 建築実例集

プライバシーが守られる

二階リビング プライバシー

一階にリビングがある場合、道路に面していますので通行人の目が気になります。

アパートの一階に住まわれている方は分かると思いますが、カーテンやレースで目隠しして過ごすことが多くありませんか?

まさに一階部分は、同じ状態になる可能性が高いです。

対して、二階リビングは目線が気になりませんので、カーテンやレースで目隠しする必要がありません。

結果、プライバシーを守りつつ日当たりが良い明るいリビングになります。

二階リビングのデメリット

次は、デメリットになります。

デメリットはメリットより多くなってしまいましたが、工夫をするかお金を掛けることで回避は可能です。

夏は半端なく暑い

二階リビング 暑い

夏の住宅展示場で見せてもらったのですが、かなり暑かったです。

ロフトなんて付けたら、「干からびるのでは?」と思うほとでした。

営業マン曰く「断熱材は良いもの使ってます!」ということでしたが、モデルハウスでこんなに暑かったら少し安くして、断熱材の品質が落ちたら耐えられないのではという思い出があります。

階段の上り下りが辛い

二階リビング 階段

お客さんが来たときやゴミ出し、買い物して荷物を運ぶのに毎回階段を使いうことになります。

往復するのって結構、負担になりませんか?

何が一番困るって、家に物を忘れた時に、「玄関開けて→階段駆け上がって→物取って→階段駆け下りて→玄関閉める」といった運動が必要です。

良い運動といえばそれまでですが、ちょっと億劫ですよね。

また、お客さんも階段を使うことになりますので、怪我している方や高齢者を迎えたときは注意が必要です。

老後の心配

二階リビング 老後

一番のデメリットです。

生活が2階になるということは毎朝、毎晩上り下りする必要があります。

若い時は楽にスイスイと登れますが、歳を取ったときに登りきれるか不安になりませんか?

転倒しないように最低限手すりはつけておきましょう。

車椅子が必要になったことを考えて可能であればエレベーターを付けた方が良いと思います。

年齢から家を購入するタイミングを考えてみた

子供が帰宅してるのかわからない

二階リビング 子供

一階にリビングがある場合、玄関を開ける音やリビングイン階段にすることで、いつ帰ってきたのか分かりますが、二階リビングは2階に上がって来ない限り帰ってきているのかどうかわかりません。。

特に中学生ぐらいになると反抗期に入って自分の部屋に居ることが多くなってきますので、リビングで会話する時間が減ってしまいます。

玄関を吹き抜けにしてリビングで音が確認できるようにするか、リビングへのドアを付けないようにしたり開けっ放しにして人の気配を感じる工夫が必要になります。

家族構成から間取りを考えてみる

費用が高くなる。

二階リビング 費用

生活動線を考えてリビングと同じ階に浴室や洗面所を持ってくることになります。

そうなると給排水工事を2階で行うことになりますので、金額は割増になります。

また、浴室など重量があるものを置くため、床が重さに耐えられるように設計しますので、必然的に建築費用が高くなります。

水まわりについては、配置次第でだいぶ費用が変わってきますので、注意が必要です。設計士とよく相談して決めてください。

まとめ

二階リビング まとめ
二階リビングはライフスタイルや建築する土地によってはメリットが大きくなり過ごしやすい家になります。

◆メリット

  • 日当たりが良い
  • プライバシーが守られる

ただ、デメリットもあります。
デメリットについては、間取りを工夫するか少しお金を掛けて動線を作る必要があります。

周りに家が少ない郊外に建てる場合は、一階リビングで都心部の密集地には二階リビングがおすすめです。

◆デメリット

  • 夏は半端なく暑い
  • 階段の上り下りが辛い
  • 老後の心配
  • 子供が帰宅してるのかわからない
  • 費用が高くなる。

最後に都心部などの狭小地で建築予定な人へSUUMOさんで公開している狭小地での住宅 建築実例集を参考にすると、イメージが沸きやすいかと思います。

狭小地での建築はこだわりが出やすいので、先輩達の実例を見て、良いところは取り入れ行きましょう。

スポンサーリンク

-間取り関連
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

白基調のリビングにスツールでシックに演出してみた。

我が家のリビングは白を基調としていますが、みなさんはどのようなリビングにしたいと思っていますか? 我が家はマリン風に青と白を取り入れようかと思っていましたが、最終的にシンプルに白が基調となりました。 …

ソファダイニングを取り入れて狭いLDKを広く演出しよう

狭小住宅やLDKが10畳以下の場合、リビングとダイニングを明確化してしまうと広さが感じられません。 そんなときは、リビングとダイニングを一緒にすることをオススメします。 そこで必要になるのがソファダイ …

書斎は2畳あればおしゃれにできる!

書斎・・・なんて良い響きでしょうか。 特別な部屋、秘密基地・趣味の部屋・仕事の部屋(SOHO)など、人それぞれで言い方はありますが、憧れの部屋ですよね。 男ならせっかく注文住宅で家を建てるなら書斎は欲 …

リビング階段は寒い!? メリットとデメリットを考えてみよう

子供の事とのコミュニケーションを考えると、リビング階段(リビングイン階段)が欲しいと考えまよね。 ただ、リビング階段は子供と毎日顔を合わせるメリットもありますがデメリットも存在する間取りです。 2階へ …

ユニバーサルデザインを意識したバリアフリー住宅を考えよう

日本は高齢化社会になりつつある世の中ではバリアフリーを意識した施設が多くなってきました。 この流れは、私達が暮らす家でも同じことが言えます。 二世帯住宅や自分等の将来を考えたときに、生活しやすい家を考 …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。