注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

小ネタ 建築費用

現状の生活費を計算して入居後のシュミレーションをしておこう

投稿日:2017年5月31日 更新日:

現状の生活費がどのくらい掛かっているか把握していますか?
また、新居に引越しした後の生活費はシュミレーションしていますか?

生活費の想定をおろそかにすると実際に住み始めてから予想より多くなってしまい、生活が苦しくなってしまいます。
苦しい生活にならないよう、新居での生活費をシュミレーションしておきましょう。

現状の生活費を計算し把握しよう

現状の生活費を把握する

現時点で生活費を把握していない場合は、すぐにでも家計簿を作って把握しましょう。

家を建てることで、生活がガラリと変わります。
部屋が増えたり広くなったりすることで、電気代水道代が変わってきます。
また、オール電化にするとことでガス代が無くなって電気代が一本だけになりますので、全体的なバランスを把握する必要があります。

オール電化のメリットついては「オール電化で電気代が安くなる!?」を参考にしてください。

また、どんな家にしたいかで生活費が変わってきます。
検討段階でしっかりと現状を把握して太陽光などの設備を付けるときにどのくらい変わるのかといった比較に使いましょう。

家を購入することで増える費用を理解をしよう

入居後の費用を理解

家を購入することで、必ず増加する生活費があります。
毎年支払う固定資産税と不定期に発生する修繕のためのメンテナンス費です。
どちらも毎月の固定費ではないですが、毎月の貯蓄額に上乗せして捻出する必要があります。

固定資産税

土地・家屋(住宅、店舗、工場、事務所等)を対象として、毎年1月1日現在に所有する方に、その価格に応じて納める税金です。

金額は物件の構造や面積などによって変わってきます。

メンテナンス費

物件や土地の補修やリフォームするための金額です。
マンションやアパートは管理費を収めれば大家さんが定期的に行ってくれますが、戸建ては自分達で行うしかありませんので、毎月積み立てる必要があります。

上記の2つの費用が必ず発生しますので、「 固定資産税 + メンテナンス費」を毎月の貯蓄額に上乗せする必要があります。

削減出来る生活費を洗い出そう

削減できる生活費を洗い出し

上記で説明した固定資産税とメンテナンス費の積み立て分が増加しますので、増加分を抑えるため今度は削減出来る費用を洗い出します。

例えば、外食が多く食事代が掛かっている場合は、家で調理をして食事代を減らしたりするのも一つの手ですね。

我が家は共働きということもあり、食事代が多く掛かっていましたが、少しずつ家で調理することで食事代を押さえつつ、健康的な食事を摂れるようになったのでお金にも健康にもおすすめの方法です。

あとは、携帯電話のプラン変更保険料の見直しも一つの手になります。

ただ、注意が必要です。
プランはなるべく安くて良い物(希望に限りなく近い)に切り替えすることをおすすめします。
特に保険については安過ぎて品質が悪いプランで契約すると有事の際に取返しがつかなくなってしまいますので、必要な内容を順位付けして最適なプランに切り替えましょう。

まとめ

生活費のシュミレーションまとめ

なぜ、現状の生活費を把握して今後の生活費を想定する必要があるのか理由が理解できたかと思います。
そうなんです、一度見直しましょうということなんです。

入居後の生活費がアパート暮らしより安くなるかもしれませんが、毎月積み立てる金額が発生しますので、入居前と同額かそれより上回る可能性があります。

この増える分を外して、安くなったと喜んで浮いた分を使ってしまったら、どうなりますでしょうか?
結果、今までより大きくマイナスになってしまいます。

せっかく購入する家ですから、間取りだけでなく、各費用の予算や生活費の算出も合わせて段取りを進める必要があります。

まだ、何もやっていないというあなたは生活費の内訳を家計簿等に書き出して、本当にその金額は適切なのか、使いすぎではないのかと今一度見つめ直しましょう!!

そうすることで、生活を改めることが出来て、貯蓄額もしっかりと増やすことができます。
そして、その浮いた分を建築の費用に割り当てるか今後の貯蓄として残すかあなたの運用の幅が広がります。

 

余談ですが、本当は生活費の平均値とかを載せようかと思っていました。
ただ、生活費は100人いれば100通りの生活がありますので、当てにならないし、私自身も建てるときに参考にしましたが、当てはまらないことが多かったので、概念と方法だけをお伝えする内容にしました 笑

スポンサーリンク

-小ネタ, 建築費用
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

新築の工事請負契約前に確認しておくべき、4つのポイント

ハウスメーカーと契約するには工事請負契約を必ず結ぶことになります。 この契約後から本格的に間取りの詳細やインテリアなどの設計に移ります。 ただ、契約するということは後戻りできないということがイコールに …

注文住宅は値引きが出来ない?いや、値引き交渉はするな!

注文住宅は高価な買い物になります。 気になるのは値引きが出来ないかということになりますが、私は注文住宅における値引き交渉には大反対です。 色々なサイトで値引き交渉して、100万値引きしましたというよう …

坪単価とは?比較する前に坪単価を理解しよう。

家作りを考える上で指標になるのが「坪単価」。 この言葉を聞いたり見たりしますよね。 家作りのおいて重要なことは家を建築するハウスメーカーや工務店などの業者を選びであることは間違いありません。 この業者 …

坪単価で見る年収450万円のハウスメーカー選び

家作りを検討する中で必ず壁になるポイントがあります。 ・年収や頭金から、住宅ローンはいくら組めるのか ・どこのハウスメーカーなら依頼できるか この壁を乗り越えない限り家作りは始まりません。 住宅購入は …

家作りに失敗しないためにはまずは情報収集

「よし、決めた! 家を建てよう! まずは情報収集だ!」 「ん、どうやって収集するんだ? やっぱり、住宅展示場かな、それとも資料請求かな?」 というように悩んでませんか? 情報収集と一言で言っても色なア …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。