注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

インテリア 間取り関連

対面キッチンならカウンター付きが1番 アイランドと比較してみた

投稿日:

キッチンといっても型が色々とあって悩みますよね。
我が家もキッチンの型はだいぶ悩みました。

壁に向いて調理するタイプが良いのか、対面で調理するのが良いのかとリビングとダイニングでの生活をどうしていきたいのかと夫婦で話し合ったことを思い出します。

その結果、我が家は全体的に開放感が欲しかったので、対面キッチン(カウンター付き)を選択しました。

選択したポイントや対面キッチンの種類について説明します。

どんなキッチンにしようか悩みどころですので、ぜひ参考にしてみてください。

 

対面キッチンとは

キッチンに立った時にリビングダイニングが見渡せる作りになっているキッチンになります。

こんな感じです。

出典:http://sumai.panasonic.jp/kitchen/set_plan/detail.php?id=lacucina08

ちなみのこの写真のキッチンの商品はラクシーナというものですが、色違いでキッチン上部に棚が無いタイプですが我が家も同じものを取り入れています。

 

アイランドキッチン

名前の通り、離島のように壁に接していない完全に独立した、オープンキッチンになります。

リビングに通されてキッチンを見てアイランドキッチンだったらインパクトは絶大ですよね。

出典:http://www.stadion.co.jp/blog/2009/03/57.html

 

アイランドキッチンのメリット

開放感

何と言っても開放感ですよね。
遮るものがありませんから、リビングもダイニングも360度見渡せるのが良いところですね。

また、孤立することなく家族やお客様とコミュニケーションが取れるのもアイランドキッチンならではです。

 

準備や片付けがしやすい

360度クルクルと回れるので、最短距離で食器などを運ぶことが出来ます。

キッチンに入るのに迂回すると思うと何回も行ったり来たりするのは億劫ですが、アイランドキッチンはサッと行って、パッと取れるのが良いですよね。

 

アイランドキッチンをデメリット

広いLDKが必要

見たことある方は分かるかと思いますが、かなりLDKが広くないと家のバランスが崩れしまいます。

「この家はキッチンだけの家なのか!?」なんて思われたりします。

住宅展示場にアイランドキッチンが多いのは広いLDKがあり、存在感を出すためですので、住宅展示場のキッチンは参考程度にしておきましょう。

 

部屋に匂いが充満する

開放感がある裏返しになりますが、開放感がある故に匂いがリビングやダイニングに充満しやすいです。

アイランドキッチンは天井に換気扇を設置するため選択できる種類が少ないですが、その中でも良いものを出来るだけ設置する必要があります。

 

常に綺麗に保つ必要がある

これも開放感がある裏返しですが、手元がまる見えになります。

そうなると、キッチンを常に綺麗にしておかなければなりませんので、毎回掃除が大変になります。

アイランドキッチンは生活感を出さず非日常を演出しないと存在感が仇になります。

 

小さな子供には危険がいっぱい

子育て世代には注意が必要です。

オープンキッチンということは小さな子供が出入り可能ですし、壁にくっついてないので、ベビーガードを設置出来ません。

コンロだけでなく、包丁やガラス製品の取り扱いに気をつけて必要があります。

 

金額が高い

アイランドキッチンは標準設備ではありません。

グレードアップ商品となりますので、建築費用が高くなります。
また、家全体を広くする必要がありますので、商品だけでなく全体的な工事費用がアップすることになります。

使うのではなく、見てるのが良いタイプのキッチンかもしれませんね。

 

I型キッチン(対面タイプ)

I型キッチンはコンロからシンクまで一直線で、オーソドックスなタイプのキッチンになります。

I型キッチンは基本壁に向いて調理をするタイプですが、対面タイプにすることで、オーソドックスなタイプのまま解放感がある対面キッチンになります。

対面キッチンはキッチンの前にカウンターが出来るため、セミオープンキッチンとも呼ばれています。

出典:http://sumai.panasonic.jp/kitchen/set_plan/detail.php?id=lacucina13

アイランドキッチンほど開放感はありませんが、セミオープンなので、リビングやダイニングの状況が確認しやすく孤立することはありません。

我が家は今後の生活のことも考えてI型キッチン(対面タイプ)を選択しました。

 

I型キッチン(対面タイプ)のメリット

手元が隠せる

アイランドキッチンとの大きな違いは、手元がカウンターで隠すことができます

カウンターの高さを高めに設定することで洗剤やスポンジなど生活感を出したくない所を隠せるのが良いところです。

 

カウンターの高さ自由に設定できる

自分の使いやすい高さに合わせることができますので、手元をどのくらい隠したいのかといった調節ができます。

また、上手にサイズを調整することで、料理や物を取るのに楽な姿勢を保つことができます。

使いやすくて、健康にも良いのはおすすめです。

我が家で使ってるだけについ贔屓してしまいが、オーソドックスなだけあって使いやすいのは確かです。

 

I型キッチン(対面タイプ)のデメリット

圧倒的な開放感がない

キッチンの前にカウンターや壁がありますので、アイランドほど開放感はありません。

ただ、開放感は無くてもカウンターの飾り付け、調理器具の置き方次第で綺麗プラスおしゃれに演出できます。

上手く使えば、アイランドキッチン以上におしゃれにできますよ。

 

すみません。いつも使っていながらデメリットがこれ以上見つかりませんでした。
隣の芝は青く見えるなんて言って自分使っている物の悪いところばかり目に行きますが、このI型キッチン(対面タイプ)はデメリットはほぼありません。

 

まとめ

対面キッチンまとめ
今回は数あるキッチンのタイプの中でも我が家で採用した対面キッチンについて説明しました。

キッチンは生活空間の中でも重要な場所になります。
人目につく場所なので、おしゃれにしたいですよね。

確かに綺麗に演出するのも重要ですが、一番重要なのは使い勝手です。
家族構成やライフスタイルで変わってきますのでじっくりと検討することをおすすめします。

キッチンのリフォームは高くつきますので納得できるまで考えましょう。

小ネタですが、我が家は妻が絵が得意でしたので、書いて渡したら、希望のキッチンがそのまんま仕上がりました。

絵が上手いようでしたら、是非ハウスメーカーに書いて渡しましょう。希望通りになりますよ。

失敗しない間取りの決め方

スポンサーリンク

-インテリア, 間取り関連
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

リビング横の畳コーナーで和洋を楽しもう

リビングの横に和室を作る畳コーナーが人気になっていること、みなさん知ってましたか? 若い世代に人気なのが意外ですが、やはり日本人の根底にある温故知新といったところでしょうか。 使い方あってる!?(笑) …

玄関の広さはどのくらい?1坪の玄関を広く見せる2つのポイント

玄関の広さって気になりませんか? 玄関は家の顔になりますよね。 お客様が来たときや家に帰ってきたときに真っ先に目に入るのが玄関です。 そうなると、少しでも広く見せたいと思います。 では、どのくらいが広 …

トイレの広さは0.75坪必要?新築のトイレの広さを検討しよう

家作りを考えるとき、トイレは後回しになり、スペースが確保できずに犠牲になることがあります。 間取り図で見ると結構広いな~と思いますが、実際の広さを見るとギャップがあるため、使いにくい!失敗した!といっ …

ユニバーサルデザインを意識したバリアフリー住宅を考えよう

日本は高齢化社会になりつつある世の中ではバリアフリーを意識した施設が多くなってきました。 この流れは、私達が暮らす家でも同じことが言えます。 二世帯住宅や自分等の将来を考えたときに、生活しやすい家を考 …

no image

吹き抜けの家にはメリットとデメリットが存在する!

新築の戸建てを建てるなら吹き抜けが欲しいと考えますよね。 詳細ページ 吹き抜けは家全体を広く見せることができるということから人気の設計となります。 私も実際に吹き抜けの家を見させてもらいましたが、噂通 …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。