注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

小ネタ 施工会社を選ぶポイント

住宅展示場を見学するときのコツ 6つのポイントを押さえておこう

投稿日:2017年6月8日 更新日:

注文住宅でマイホームを希望する人が必ず訪れるのが、住宅展示場です。
やはり、実際に住宅を見学しながら営業マンと会話ができるというのが何よりもメリットですし、一気に家づくりに近づいた感じしますよね。

ただ、やみくもに見ても良い情報は得られません。
住宅展示場に行ったならば見学ではなく、良い情報を収集して比較材料を手に入れる場にしましょう。
私がおすすめする6つポイントを押さえて効率的に良い情報を手に入れましょう。

住宅展示場を見て回るためのコツ

住宅展示場を見学するときのコツ 6つのポイントコツ

展示物は超グレードアップであることを認識しておこう

展示物は集客や他社との差別化のため大きいサイズで作られ、設備も充実している超グレードアップ住宅となっています。

ここで重要になるのが、家のサイズは度外視してデザイン設備を重視して見ることです。
デザインや設備は各メーカーで特徴がありますし家づくりに反映することができます。
フローリングであれば裸足になって感触を確かめたり、設備のサンプルに積極的に見て触って肌で感じましょう。
私も何軒かでフローリングを確かめましたが、メーカーによって押しているポイントが違っていて色々と試すことができて、後々の打ち合わせで活用することができました。

営業マンとの相性を見極めるチャンス

優良会社の見つけ方 ヒューマン編で書いたとおり、営業マンを見る千載一遇のチャンスです。
営業マンは長い付き合いになりますので、自分と相性が合うかしっかりと見極めましょう。

アンケートは記入しなくてよい

購買意欲を確認するため、アンケートが配布されますが、必ず記入する必要はありません
深く話を聞きたい時はしっかりと記入して、興味レベルであれば、資料請求欄にチェックのみで良いです。
それ以外は無視でOKです。
アンケートを記入すると電話やDMが大量に来るので必要最低限にしましょう。

メジャーと大きめの袋は必須アイテム

他社と差別化を図るためや人を集客するために住宅を大きく作っていますので、サイズは参考になりません。
そんな時に必要なのがメジャーです。
今住んでいる所との比較や欲しい家具や家電が置けるのか寸法を測るのに使用します。
そうすることで、実際建てられそうなサイズ感が把握できます。
袋は単純に資料やお土産をどっさりともらうからです。
各メーカーともに手提げ袋でくれますが、1社分しか入らない大きさなので、3社ぐらいまわると両手に持つことになりますから、大きめの袋を持参してまとめて入れることをおすすめします。

事前に予備知識をつけていこう

プロでは無いので、完璧に予習する必要はありませんが、予習することである程度は知識は身に付きますので、営業マンに突っ込んだ話しができます。
営業マンもそれに応えて他社との比較など深い話しをしてくれますので、よりハウスメーカーについて詳しく知ることができます。

3社をピックアップして見回ろう

以下は国内最大級の住宅展示場ですが、35社57棟もあります。

tvkハウジングプラザ横浜

全部まわることは時間的に不可能です。
朝一から行って5件程度は回れると思いますが、多過ぎると途中から疲労で頭に入ってきませんのでおすすめしません。
1社をじっくりと聞くとすると3社がちょうど良いですので、事前に見たいハウスメーカーをピックアップして回ることをおすすめします。
経験上、3社回ればお腹いっぱいになります。

予備知識の付け方とハウスメーカーのピックアップ方法

住宅展示場を見学するときのコツ 6つのポイントおすすめ

以下の3つの方法をおすすめします。

・ハウスメーカーのサイトを見てWEB上で情報を仕入れる
・ハウスメーカーのサイトから資料請求する
・一括で資料請求する

ハウスメーカーのサイトを見てWEB上で情報を仕入れる

通勤時や暇なときに手軽に見れますので、おすすめですが、通信量やバッテリーの問題がありますので、長時間見るには向きません

スマートフォンでは、必ず見たいメーカーのみにして、自宅のパソコンで他のメーカーを見ることをおすすめします。

ハウスメーカーのサイトから資料請求する

メーカー毎に何度も個人情報を入力する必要がありますので、WEBサイトを見ながら、本当に良いなと思ったメーカーのみ請求しましょう。

一括で資料請求する

おすすめは一括で資料請求する方法です。
ハウスメーカー毎から請求するのは情報の入力が何度もありますので、結構大変ですし、WEBサイトも色々なページを参照しなければいけなかったりサイトによっては見づらかったりしますので、一番効率的なのはWEB上で情報収集しながら一括で資料請求もできてしまうSUUMOさんがおすすめです。

関連ページ:SUUMOさんおすすめポイント

まとめ

住宅展示場を見学するときのコツ 6つのポイントまとめ

住宅展示場では見て触れるため紙面ではわからない部分が理解でき、より住宅に詳しくなるチャンスです。
ただ、訪問するメーカー数やまわる順番を誤ると詳しくなる機会を逃してしまいます。
また、大きさや設備は非常に豪華ですので、気後れせず今住んでいるところと比較してながらサイズ設備を見ていきましょう。

それでは住宅展示場へいってらっしゃい!
ピックアップしてから行くことは忘れずにね!

スポンサーリンク

-小ネタ, 施工会社を選ぶポイント
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

引越し代の相場を理解し、予算を決めよう!

引越し代の相場ってどのくらいかわかりますか? 引越しする時期によっては割高になるので、地味に掛かりますよね。 ただ、予算を決める上で引越し料金の相場は押さえておきたいところですよね。 引越代は時期によ …

家を購入するタイミングはいつが適しているの?年収と年齢から考えてみよう

注文住宅に限らず家を購入するタイミングって難しい問題ですよね。 年収や年齢もバラバラですし、結婚したタイミングや子供が出来たタイミングなど十人十色です。 昔は家族を持ったらマイホームというイメージでし …

グルニエ(小屋裏収納)の使い方を知って家の弱点を補おう

グルニエ(小屋裏収納)という言葉聞いたことありますか? おそらく、雑誌やネットで聞いたことあるかと思いますが、いかがでしょうか? 簡単に言うと屋根裏部屋になります。 グルニエは家の弱点を補てんしてくれ …

家作りに失敗しないためにはまずは情報収集

「よし、決めた! 家を建てよう! まずは情報収集だ!」 「ん、どうやって収集するんだ? やっぱり、住宅展示場かな、それとも資料請求かな?」 というように悩んでませんか? 情報収集と一言で言っても色なア …

ハウスメーカーと工務店を比較!どちらに依頼するべきか!

家作りにおいてもっとも重要なのが、どこの業者に家を建ててもらうかです。 この施工業者選びによって家の良し悪しが決まると言っても過言でもありません。 ただ、世の中には多くのハウスメーカーや工務店があり、 …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。