注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

小ネタ 施工会社を選ぶポイント

坪単価とは?比較する前に坪単価を理解しよう。

投稿日:

家作りを考える上で指標になるのが「坪単価」。
この言葉を聞いたり見たりしますよね。

家作りのおいて重要なことは家を建築するハウスメーカーや工務店などの業者を選びであることは間違いありません。
この業者選びをする上での坪単価も理解しておかないと失敗してしまう可能性があります。

なぜなら、坪単価はあくまで指標であって、坪単価=建築の総額ではないからです。

今回は坪単価にまつわる落とし穴と正しい坪単価の算出方法について、説明します。

 

坪単価とは

坪単価とは

1坪あたりの建築費となります。
坪単価の計算方法は以下となり、家を建てる上での目安となっています。

建物の本体価格 ÷ 延べ床面積 = 坪単価
※1坪・・・3.3㎡

例えば30坪で本体価格が2000万円のとき、坪単価は約66万円ということにります。

このように坪単価をみることで、大まかなに建てたい家の面積から価格を割り出すことが出来ます。

ただ、この坪単価には大きな落とし穴があります。

予算オーバーに陥る人の大半はこの坪単価を鵜呑みにしてしまったためとなります。

 

坪単価の落とし穴

坪単価の落とし穴

坪単価を考える上で、どこをポイントにするべきかを坪単価で比較して失敗しそうなポイントを例に説明します。

メーカーによって異なる計算方法

坪単価の計算式は、「建物の本体価格 ÷ 延べ床面積 = 坪単価」とお伝えしました。

どこも統一するために同じ計算式では?と考えるのが普通ですが、「延べ床面積」という考え方が落とし穴になります。

メーカーによっては「延べ床面積」ではなく「施工面積」を使用するパターンがあるからです。

一般に「延べ床面積」にはベランダ、小屋裏収納、地下室、玄関ポーチなどは含まれていません。
「施工面積」は上記の部分を含んだ面積となります。

出典:http://www.homes.co.jp/iezukuri/article/plan/t-3-04/

例えば、「延べ床面積」で坪単価60万円で、「施工面積」で坪単価70万円の場合を想像してみましょう?

確かに後者の方が高く感じまずが、実際はほぼ同額か「施工面積」の方が安かったりします。

このように計算式にどのサイズを使うかによっても「坪単価」は変わってきます。

坪単価を参考にする場合は、「延べ床面積」・「施工面積」どちらを使っているかを注意して、不明であれば確認してみましょう。

建築費のどこまでが坪単価に入っているか不明

坪単価の計算式に使わている「本体価格」にも落とし穴があります。

この「本体価格」にどこまで含まれているかが問題です。

これもメーカーによってマチマチで「付帯工事」や諸経費が含まれていないことが多いです。

というかほぼ含まれていないという風に考えてください。

例:ローコスト住宅で坪単価30万円で40坪の家を考えた場合

30万円 × 40坪 = 1200万円」になります。

ただ、実際は別途工事費用や諸経費を含めると2000万円前後と考えておいてください。

それだけ、本体価格以外の費用も掛かるということになりますので、坪単価とイコールの金額が全体の建築費用ではないということになります。

関連:住宅購入における諸費用とは?

グレードアップ設備による増加

住宅設備によっても坪単価は変わってきます。

例えば、キッチンをグレードアップした場合、それだけで数十万アップしますので、当然坪単価が変わってきます。

このように住宅設備1つとっても坪単価に影響してきますので、坪単価を考える上で住宅設備がどこまで反映されているものなのか注意が必要です。

A社は標準設備で坪単価40万円、B社はグレードアップ設備で坪単価50万円と仮定します。

額面上はA社ですが、A社で頼む場合は、グレードアップする可能性がありますので、坪単価が50万円を超える可能性があります。

対してB社はすでにグレードアップしていますので、不要分をグレードダウンしたりすることで坪単価が安くなる可能性があります。

関連:照明器具とカーテンを工夫することで建築費用は抑えられる

 

坪単価の正しい算出方法

坪単価の正しい算出方法

上記の落とし穴を見ると「坪単価●●万円です!」という言葉がどこまで信用おけるかわかりませんよね。

契約後にグレードアップの連続で明記されていた坪単価の2倍になったという例も少なくありません。

なので、私が実践した坪単価は以下です。

相見積を取って、自分なりの基準で坪単価を算出する。

大変な作業ですが、少しでも安く済ませるためなら、労力を惜しんではいけません。

私は、融資や申請料を省いた建築費用のみでの坪単価を算出しました。

融資などは頼むところで異なりますし、自分で行うことでマージンが必要ないので省いています。

下記の表のように貰った見積を自分の基準に合わせて書き写して坪単価を算出します。

表の例だと「A社が一番安くてよさそうに見えるが、グレードアップ必須ですので高くなりそうなど」、自分なりの基準を設けることで、どこのメーカーが一番理想なのか見てきますので、是非、実践してみてください。

項目A社B社C社
本体工事1200万円(坪単価40万円)1500万円(坪単価50万円)1800万円(坪単価60万円)
住宅設備のグレード標準グレードアップグレードアップ
付帯工事(仮設やガス・電気工事)300万円200万円200万円
その他工事(インテリアやインターネット環境など)50万円50万円100万円
インテリア部分のグレード標準標準グレードアップ
設計料等の建築に伴う経費50万円50万円50万円
金額合計1600万円1800万円2150万円
坪単価53万円60万円71万円
総評坪単価は安いがグレードアップが必須のため、B社を超える可能性がある。インテリアは施主支給が賄えるので、住宅設備が整っているこのプランが第一希望坪単価は高いがグレードアップ設備のため、総額イコールかグレードダウンして安く出来そう。

 

相見積を取るならタウンライフがおすすめです。

個別で各メーカーに依頼すると希望する間取りがマチマチになり、正確な相見積が取れなくなり、比較できません。

正確な比較をするためには希望を統一して相見積を取る必須です。

タウンライフ経由で依頼することで、希望を統一して依頼できますので、正確な比較対象が出来上がりますので、是非活用してみください。

↓正確な相見積を取るならこちらから
タウンライフ

スポンサーリンク

-小ネタ, 施工会社を選ぶポイント
-, , , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

掃除機はどこに置くべきか!掃除機置き場を考えておこう

掃除機の収納には困りものです。 取り出しやすい場所に置きたいけど、収まりきらなかったり、収納場所が無くて、結局、人目に付きにくいところにそっと置いてしまうことが多いですよね。 今回は掃除機のタイプ別に …

坪単価で見る年収450万円のハウスメーカー選び

家作りを検討する中で必ず壁になるポイントがあります。 ・年収や頭金から、住宅ローンはいくら組めるのか ・どこのハウスメーカーなら依頼できるか この壁を乗り越えない限り家作りは始まりません。 住宅購入は …

優良な施工会社はどうやって見つけるの!? ヒューマン編

良い家作りには優良な施工会社(ハウスメーカーや工務店)と出会うことが最大のポイントになります。 そして、優良な会社を見つけるには、住宅の性能やデザインもそうですが、何よりも人です。 深く関わるのはたっ …

オール電化のメリットは? 電気代が安くなる!

せっかく注文住宅で戸建てにするならオール電化を検討しますよね。 ただ、今までと暮らし方が変わるので、ガス併用時と比べてメリットが無いとオール電化に踏み切れないというのが本音だと思います。 しかも、ネッ …

新築の工事請負契約前に確認しておくべき、4つのポイント

ハウスメーカーと契約するには工事請負契約を必ず結ぶことになります。 この契約後から本格的に間取りの詳細やインテリアなどの設計に移ります。 ただ、契約するということは後戻りできないということがイコールに …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。