注文住宅を年収400万で購入するイロハ

年収400万代の筆者が3000万円の注文住宅を購入したときの失敗や成功体験をもとに成功するためのノウハウお伝えします。家を建てるのに早い遅いはありません。タイミングが重要です。

小ネタ 建築費用

引越し代の相場を理解し、予算を決めよう!

投稿日:2017年5月26日 更新日:

引越し代の相場ってどのくらいかわかりますか?

引越しする時期によっては割高になるので、地味に掛かりますよね。

ただ、予算を決める上で引越し料金の相場は押さえておきたいところですよね。

引越代は時期によって、料金が変わってきたりしますので、予算だけでなく、引越し時期も考慮していく必要があります。

今回はそんな引越代の費用について説明します。

引越代は荷物の量も関係します。
住宅購入後の引越しに伴う荷物整理は始めにやっておくと効率的」で引越しの荷物整理について説明していますので、是非ご参照ください。

引越し代の相場はどのくらい!?

引越し 代の 相場 はじめ

引越金額は引越時期や引越先、荷物の量でかなり変わってきます。

特に学生や新社会人などで移動が多い、繁忙期と言われる2~4月2万~5万は割高になります。

引越代の相場は以下の通りとなります。

通常時期(5月~1月)の平均

 2人家族3人家族4人家族
~15km未満
(同市区町村程度)
60,266円74,875円96,070円
~50km未満
(同都道府県程度)
67,996円83,365円112,698円
~200km未満
(同一地方程度)
81,902円98,234円131,694円
~500km未満
(近隣地方程度)
103,783円136,497円171,822円
500km以上
(遠距離地方程度)
151,881円185,316円228,252円

繁忙時期(2月~4月)の平均

 2人家族3人家族4人家族
~15km未満
(同市区町村程度)
72,011円90,301円115,274円
~50km未満
(同都道府県程度)
82,184円107,916円131,835円
~200km未満
(同一地方程度)
100,520円131,692円176,924円
~500km未満
(近隣地方程度)
137,571円176,951円231,047円
500km以上
(遠距離地方程度)
200,266円265,826円297,437円

このように距離や家族構成によってかなり差があることが分かります。

顕著に差が表れているのが、通常期と繁忙期で10万円近く違うときもあり、安くするには引越し時期も考慮しなければいけないということが見て取れます。

ただ、この金額はあくまで平均なので、付帯商品で高くなったり、引越業者によって変わってきますし、キャンペーンで安くなったりもします。

引越し代を1円でも安くする方法

引越し 代の 相場 安くする

引越しを検討している方は一括で見積もりを取って1円でも安くサービスが良いところを探しているのです。

トレジャーファクトリーさんでは、引越し代の一括見積だけでなく不用品の回収も行っていますので、荷物整理して不要な荷物も合わせて処分できるので、一石二鳥ですね。

また、付帯商品は引越し当日に現場責任者より、色々と勧められます。

結構割高なので、話を聞いて良いと思ったものは依頼し、不要なものは断る勇気を持ちましょう。別途請求されてしまいます。

まとめ

引越し 代の 相場 まとめ

これで何故、前回で荷物の整理をおすすめしたかわかりましたでしょうか?

荷物の量が多いとトラックや段ボール等の資材で金額が上がってしまうからです。

荷物は普段の生活では見えないところにあったりと思った以上に多いのです。

だから、最初に整理をして引越し時に持っていくものを減らす必要があるのです。

すでに不要と思われているものがありましたらこのタイミングで整理するのもアリです!

以下のサイトで買取依頼が可能ですので、ご活用ください。

・ブックオフ
・エコファ宅配買取
・リサイクルネット

ここまでで、引越代が料金が大まかに理解出来たかと思います。

近日中に頭金について説明します。

ここが決まれば、家具家電の購入費や雑費にいくら使えるか算出できるようになりますので、是非参考にしてください。

スポンサーリンク

-小ネタ, 建築費用
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

買い替えする家具・家電代と雑費の予算取りをしておこう

家作りの醍醐味の一つと言えば、引越し先で使う新しい家具や家電の購入ではないでしょうか。 新しい家には新しい物が欲しくなりますよね。 分かりますよ~その気持ち! 私もそうでしたから。 打ち合わせ帰りの家 …

長期優良住宅の認定を受けて、減税することをおすすめします!

長期優良住宅の認定を受けることで様々なメリットが存在します。 ただ、国で定められた基準をクリアする必要がありますので、単に認定が取得したいと言っても取得できるものではないということを理解する必要があり …

つなぎ融資とは?家を建てるなら仕組みや相場を理解しておこう

家を建てる上(注文住宅)で知っておく必要があるのが、家の完成前にまとまったお金(自己資金)が必要になるということです。 ただ、潤沢な資金が無い限りは、大金を自己資金で賄うことはできません。 そこで、住 …

住宅展示場を見学するときのコツ 6つのポイントを押さえておこう

注文住宅でマイホームを希望する人が必ず訪れるのが、住宅展示場です。 やはり、実際に住宅を見学しながら営業マンと会話ができるというのが何よりもメリットですし、一気に家づくりに近づいた感じしますよね。 た …

住宅購入の第一歩は諸費用の計算からはじめよう

まずはモデルルームに行って情報収集!!と考えていたら、 ちょっと待って下さい。 見に行きたい気持ちはわかりますが、少し冷静になりましょう。 まずは身辺整理を行いましょう。 ここでの身辺整理は予算や今後 …

↓無料でハウスメーカーや工務店の見積や間取がもらえます。